矯正歯科専門 東京都渋谷区神宮前(表参道、原宿) - 新しい舌側矯正装置インコグニートによる歯の裏側からの矯正歯科(舌側矯正)
インコグニート 杉山矯正歯科

舌側矯正インコグニート - 歯の裏側からの矯正歯科

歯の裏側からの矯正歯科は、1980年初頭に、アメリカ、ヨーロッパ、日本で開発された矯正方法で、矯正装置が外見からは見えない状態で治療をする事を目的としております。

ここでは、インコグニート新しい舌側矯正システムについてご説明いたします。

インコグニート 新しい舌側矯正システム

コンピューター3Dスキャニングを利用した舌側矯正 インコグニート

インコグニート舌側矯正

舌側矯正(裏側からの矯正)は、歯並びやかみ合せの問題を外見上では見えない装置で改善してゆく治療方法です。

舌側矯正(裏側からの矯正)は、唇側矯正(表側からの矯正)と比べて、装置の構造や、力をかけるメカニクスなど、様々な点で異なる部分があったために、開発の初期段階では治療結果が悪かったり、治療期間が表側からの矯正の倍もかかったりということが見受けられました。

インコグニートインコグニート Incognito システムという舌側矯正は舌側矯正の問題点を改善すべく、日進月歩で発展しているコンピューター解析技術を駆使することによって、患者さんの負担を減らし、かつ歯を正確な位置に短期間のうちにならべることができる画期的な治療システムです。

Dr. Wiechmannインコグニート Incognito システムは、ドイツのバドエッセンで矯正専門医を開業している、Dr. Wiechmann により2001年より開発され、現在に至るまで毎年改良されて進化しています。

現在存在する数多くの舌側矯正治療法の中で最も優れた方法の一つと認められており、現在(2010年)では世界の60カ国で採用されています。

インコグニート Incognito システムは世界の60カ国以上で採用されています。
ヨーロッパでのシェアは60%以上です。

インコグニート Incognito システムは世界の60カ国以上で採用

Dr. Wiechmann はインコグニート Incognito システムを研究開発、製作するトップサービス社を1998年に設立しました。トップサービス社は現在3M 社の資本のもと、インコグニート Incognito システムの改善と発展を進め、世界中にそのシェアをのばしています。

トップサービス社の工場 スタッフ
バドエッセンのトップサービス社の工場とスタッフ
毎週550以上のケースが、トップサービス工場で作成され世界に出荷されています。

インコグニート Incognito システムの世界的な普及とともに、2007年にはバドエッセンに新しい工場と研究施設が設立されました。2009年には60カ国の4,600以上の矯正診療所より毎週550ケース以上の注文を受けています。

ヨーロッパでのインコグニート Incognito システムによる舌側矯正のシェアは、60%を越え、アジア地区の日本、韓国、香港、中国でも2006年よりインコグニート Incognito システムの導入がはじまりました。

杉山矯正歯科では、2008年よりインコグニート Incognito システムによる舌側矯正をスタートし、非常に良好な結果を得ています。

インコグニート Incognito の特徴(利点と欠点) >>

掲載されている内容は、ドイツ トップサービス社の資料に基ずく ものであり、掲載されている意見、考えは個人の見解によるも のです。また、それぞれの患者さんにより口腔内の状態が異なりますので、治療効果および結果についても、各患者さんにより異なるものとなります。

http://www.lingualtechnik.de/

インコグニート法とSTb法の違い



STb法 インコグニート法
外見
(見えません)

(見えません)
発音
(発音になれるまでの時間が早い)
装着感
(各患者さんのオーダーメイドなので、
なめらかで刺激・痛みが少ない)
治療期間
(歯のがたつきが治る時間が早い)
費用
(装置・製作費・材料費はインコグニート法が高額ですが、当院では同じ料金で行っています)
金属アレルギー
(金属アレルギーの原因になりやすいニッケルを含む)

(ゴールドに金属アレルギーある方は×)
清掃性

歯の裏側からの矯正について

舌側矯正装置この治療方法がおこなわれた当初は、きれいに歯が並ばない、治療期間が長い、などの問題点がありましたが、最近では治療用超弾性ワイヤーの開発や、治療行程の工夫などにより、表側からの矯正と結果、期間ともに変わらないようになって参りました

お仕事の都合上、どうしても歯の表側に矯正装置をつけることができない方でも、いまでは年間5000人以上の患者さんがこの方法により矯正治療を受けております。

表側からの矯正との違いについて

メリット

矯正装置を目立たせなくない患者さんにとって、矯正装置がみえない。

デメリット

装着当初、サ行、タ行、ラ行の発音が、不明瞭になる場合がありますが、最新の小型化された舌側矯正装置では、数日で通常どうり発音できるように改善されてきております。
治療費用が表側の装置に比べて、3〜4割ほど割高である。

舌側矯正の2つの治療方法

舌側矯正を受けるにあたり、2つの治療方法から選択をして頂くことになります。
1つは、上下の両方の歯を裏側から治療するフルリンガル法で矯正装置は全くみえません。

もう1つは、上の歯は裏側から治療して、下の歯は表側から治療するハーフリンガル法で下の歯についた矯正装置は若干見えるのですが、矯正装置の舌への圧迫感は少なくなります。以下、両方法のメリットとデメリットご参照下さい。


フルリンガル法(上下舌側) ハーフリンガル法(上のみ舌側)

外見
装着感、発音
(1〜2ヶ月で慣れます)

(1〜2ヶ月で慣れます)
費用 表側装置の4割高 表側装置の3割高
治療期間 表側装置と変わらず
ケースにより短くなる
表側装置と変わらず
ケースにより短くなる

ひと昔前、舌側矯正は、治療期間が長い、きれいに治らない、適応できないケースがある等のことが言われてまいりましたが、現在の舌側矯正の技術水準は最新技術を研鑽され、舌側からの治療例を沢山行なっておられる先生でしたら表側から行なう矯正治療と、治療期間、治療結果ともに全く同じように治療可能です。

また、以前から問題とされた発音が不明瞭となる問題も、矯正装置のスリム化により改善されてきております。


矯正歯科のカウンセリングは無料です。
最新のインコグニート 歯の裏側からの矯正歯科ほか様々な治療方法や、費用・期間などを、疑問や不安にお答えしながらご案内させていただきます。

医院にて: お電話(03-5411-4450) または 予約システムをご利用ください
メールにて: 以下のフォームからお気軽にお問い合わせください

ご意見・お問い合わせなんでも結構です。
当院で矯正歯科の治療をしている方もご意見をいただけますようお願い申し上げます。
ご質問・ご相談
ご意見・ご要望 (現在当院で矯正治療中の患者様。無記名でもOKです)
通信欄
メール
TEL
お名前
ご住所
ご連絡方法 メール  電話


診療時間(木・日・祝日 休診)
10:00 〜 13:00××
14:30 〜 18:30××


Copyright © 歯列矯正専門 医療法人社団矯晶会 杉山矯正歯科医院 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-16-3 TEL 03-5411-4450