矯正歯科専門 東京都渋谷区神宮前(表参道、原宿) - インコグニート、舌側矯正(裏側からの矯正)のご紹介を追加いたしました。
インコグニート 杉山矯正歯科

見えない矯正歯科(インビザラインとクリアアライナー)

矯正装置がネックとなって治療に踏み切れなかった患者さんへ

インビザライン ワイヤーを使用しない方法

矯正のワイヤーをつけるのは抵抗があるモデルをしているので矯正装置がつけれない等、矯正装置の審美性についての要望は昔から数多くありました。

インビザラインは、1997年、アメリカのアライン社により開発された矯正装置で、現在、米国、カナダの矯正医の約7割がこのシステムを用いて治療を行なっております。

現在では、世界中の歯科医療機関で取り入れられており2006年の段階で、受診者は38万人にのぼり年々増加を続けております。
日本では、2006年2月より正規導入がスタートいたしました。

従来のブラケット、ワイヤーを使用する矯正装置と違い、装着していても外見上ほとんどわかりません

特に、自分で脱着できる事が大きな特徴であり、食事も歯磨きもいつもどうりできる。従来の矯正装置がネックとなって治療に踏み切れなかった患者さんにとっては朗報といえるでしょう。

上下歯にプレートを装着したところです。
装置が付いているのがおわかりになりますか?

矯正方法について

透明なプラスチックのマウスピースを使用する方法です。

インビザラインは、コンピュータを用いて歯の移動を三次元的にシュミレートし、透明な取り外しのできる装置を治療終了まで順々に取り替えてゆきブラケットやワイヤーを使用せずに歯の並びを治す新しい矯正法です。 (http://www.invisalign.com)。

従来の矯正法とは全く異なる方法で、2週間に一回来院いただき上 下の歯に透明な薄いマウスピースをお渡しいたします。食事と、歯ブラ シ中以外1日20時間以上装着していただきますと、歯の移動がおこります。

このマウスピースを、2週間ごとに交換しながら治療をすすめて ゆきますが、1つのマウスピースで、0.3mmづつ歯が移動するよ うに設計がなされております。使用するマウスピースの数は、ケースに よりことなりますが1人あたり、20〜60個の範囲です。

この方法は、症例によっては最終の調整を従来のワイヤを装着して行う場合がありますが、ワイヤの装着期間は圧倒的に短くなります。

※適応症は、比較的歯の移動量の少ないケース、上と下の顎の土台のズレのないケースです。詳細についてはご相談下さい。

インビザラインの適応症について

ここで、非常に大切な事の説明になりますが、インビザラインには適応症があります。つまり、全てのケースにオールマイティーに効果があるわけではないのです。

ですから、まず矯正の先生に、御自身の歯並びの状態をチェックしてもらい、インビザラインで矯正歯科の治療が可能か診察してもらいましょう。
以下に一般的な適応症について述べます。

インビザラインの適応症

  1. 非抜歯で治療可能な症例
  2. 歯の根の移動が必要ない抜歯症例
  3. ブラケットによる最終治療のできる抜歯症例
  4. 1日20時間以上の装置装着が可能な方

インビザラインの非適応症例

  1. 歯のがたつきの強い抜歯症例
  2. 上下の顎の位置に前後、左右のズレのある症例

クリアアライナー 新しく開発された、透明な矯正装置

クリアアライナーは、韓国の矯正専門医の金 泰元先生が考案された、インビザラインと同様の透明な取り外しが可能な矯正装置です。

インビザラインと歯を動かす基本的な理論は同様で、適応ケースも同様ですが、装着感、製作法などいくつかの点で異なることがあります。

メリット

  1. プレートの材質が、インビザラインに比べてさらに薄く、見えにくいので、より審美的な方法である。
  2. プレートの材質が、軟性と硬性の2種類あるので、矯正力が優しく痛みがでにくい。
  3. 新しいプレートを作る際に、その時点での歯の型をとるので、より正確に歯を動かすことができる。
  4. 装置の製作までの時間が短い。(インビザラインでは製作期間が約2ヶ月ほどかかるが、クリアアライナーでは約3週間ほどである。)
  5. クリアプレート治療中に、歯の形態を変化させる虫歯などの治療も可能。
    (インビザラインでは、歯の型をかえることができないので虫歯の治療に制限がでる)

デメリット

  1. 新しいプレートの作成に毎回歯型をとる必要がある。
    (インビザラインでは、最初のかたどりのみ)

1日の使用時間

インビザラインクリアアライナーともに、患者さんがご自身で装着することによって歯の移動がおこる装置であり、患者さんの協力が100%必要な治療方法です。

患者さんが、インビザラインで1日20時間以上クリアアライナーで1日17時間以上使用できない場合には歯が目的の位置まで移動しませんので、治療期間が延長したり、治療結果が思わしくないということにもなります。

基本的には、食事中、歯磨き以外の時間は、装着するのが望ましい装置です。

インビザラインかクリアアライナーかの選択について

歯の移動方法のメカニズムは、どちらも同じですが、それぞれ製作国と製作方法が異なります。
インビザラインは、アメリカのカリフォルニアで作られ、クリアアライナーは、日本の東京で作られています。

よって、インビザラインは装置の完成まで2ヶ月弱かかり、クリアアライナーでは10日ほどで出来上がります。
つまり、治療スタートまではクリアアライナーでの治療が早いわけです。

また、製作方法ではインビザラインは初診時の模型からすべての装置を作成してしまうのに対して、クリアアライナーは毎回、その時点の歯形を作成します。ですから、歯形をとるのが苦手な患者さんはインビザラインでの治療がお楽と思います。

どちらで治療するかは、上記の点を勘案して患者さんのご希望を伺いながら決めてゆきます。


矯正歯科のカウンセリングは無料です。
最新のインコグニート 歯の裏側からの矯正歯科ほか様々な治療方法や、費用・期間などを、疑問や不安にお答えしながらご案内させていただきます。

医院にて: お電話(03-5411-4450) または 予約システムをご利用ください
メールにて: 以下のフォームからお気軽にお問い合わせください

ご意見・お問い合わせなんでも結構です。
当院で矯正歯科の治療をしている方もご意見をいただけますようお願い申し上げます。
ご質問・ご相談
ご意見・ご要望 (現在当院で矯正治療中の患者様。無記名でもOKです)
通信欄
メール
TEL
お名前
ご住所
ご連絡方法 メール  電話


診療時間(木・日・祝日 休診)
10:00 〜 13:00××
14:30 〜 18:30××


Copyright © 歯列矯正専門 医療法人社団矯晶会 杉山矯正歯科医院 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-16-3 TEL 03-5411-4450