矯正歯科専門 東京都渋谷区神宮前(表参道、原宿) - インコグニート、舌側矯正(裏側からの矯正)のご紹介を追加いたしました。
インコグニート 杉山矯正歯科

お子様の矯正歯科

子供の時期の矯正歯科の治療は、将来への良い歯並びへの準備をすることです。

早期に問題点を解決することで、顎の正常な成長発育が期待でき、将来の永久歯完成時の本格矯正治療が簡単に、より良い結果をもたらすこととなります。

子供の時期に問題がなければ矯正歯科の治療を行わないケースもあります。
以下にその目的を述べます。

目的

1.発育時期に顔や顎の変形、ゆがみがでないようにする事

前歯反対咬合の改善

前歯の噛み合わせが反対の状態ですと、上の顎の前への発育が抑制されます。


術前

矯正装置

術後

臼歯交叉咬合の改善

奥歯の噛み合わせが横にずれていると、下顎の発育する方向もずれている側に向かい、顔が変型して、非対称となることがあります。


術前

この装置で上顎を広げます

術後



治療前

治療後
不正なかみ合せによる顔の非対称なゆがみがあります
かみ合せをなおして顔のゆがみもなおりました

指しゃぶり、口呼吸(鼻つまり)の改善

指しゃぶり、口呼吸により前歯が前方に突出したり、噛み合わない状態(オープンバイト)となることがあります。


術前

術後

2.あごの骨のズレの矯正

上顎前突(出っ歯) または 劣成長(ウケ口) の改善

下顎前突 または 劣成長 の改善



小児頭蓋

成人頭蓋
子供の頭の骨は、骨と骨の間に隙間があるので、力を加えることによって顎の位置が移動します。

3.永久歯列へのはえかわりを経過観察

乳歯から永久歯交換のチェック

異所萌出

永久歯の出る場所のチェック


八重歯が不正な位置より崩出しています

矯正装置

正しい位置に移動しました

永久歯の崩出誘導

早く治療することで、より効率よく矯正歯科の治療を行います。

このままでは後が大変!!
※1〜8で歯が少しずつ動いていく様子がよくわかります


1

2

3

4

5

6

7

8



乳歯早期脱落による永久歯の近心移動防止

乳歯が早く抜けると両側の歯がよって来て、下の永久歯のでる場所が無くなってしまいます。

永久歯数の確認 先欠歯または過剰歯の確認

レントゲン撮影で確認できます。

将来の永久歯治療の予測をたてることができます。

治療法

治療方法、装置は、症状に合せて以下のものがあります。

上顎前突
ヘッドギア 前にですぎた上の顎の位置を後退させる装置です。

上顎後退
フェイシャルマスク 引っ込んでいる上の顎を前に引っ張る装置です。

下顎前突
チンキャップ 下顎の成長を抑制する装置です。

下顎後退
ファンクショナルアプライアンス引っ込んでいる下顎の成長を促進させる装置です。

臼歯交叉咬合
床タイプ拡大装置 上顎の幅を広げて上下の顎の大きさのバランスをとる装置です。

前歯部反対咬合
ライトワイヤー ワイヤーの力で前歯を前後に動かして正常な位置関係にします。

指しゃぶり、爪咬み
バイターストップ マニキュアの1種で、なめると非常に苦い味がします。

舌を前に出す癖
フェンス 舌の突出を抑えて、オープンバイトを予防します。

ヘッドギア


下顎の成長を促進


指しゃぶり防止の薬


フェンス

1 成長発育について

生まれてから大人になるまで、私たちの身体は成長発育をします。個人差はありますが、男性は平均で18歳くらい、女性は16〜17歳くらいまで成長発育があります。

矯正歯科の治療では、中学生から高校生くらいまでの思春期に行なうことが多いので、患者さんの成長発育を考慮したうえで治療計画を立てることがとても大切なことになります。

 矯正歯科の治療で扱う身体の部位は、

  1. 上の顎と下の顎
  2. 歯と歯列弓
 があり、これらが正常に発育して完成してゆくかを観察して、不正な状態が認められれば、時期をみて正常な状態にしてゆくことが歯科矯正治療の目的になります。

2 成長発育で一番気をつけること、治療スタートのタイミング

私達矯正医が、成長発育で最も気をつけることは、下あごの過剰な成長についてです。

下の図はR. E. Scammon により発表された有名な人体の成長曲線ですが,1930年にミネソタ大学(ミネアポリス)から出版された,「人体計測」という本の一節「子どもの身体計測」に載っている図です。

成長発育 ヒトの4大組織(筋肉・骨・脈管などの全身組織,神経組織,リンパ組織,生殖組織)の成長スピードを示しています。

このグラフが示しているのは,身体のすべての組織における成長スピ−ドは同じではなく,それぞれ固有の成長勾配が存在するということです。

たとえば,筋肉・骨・脈管などの全身組織の成長スピードは,幼年期にはゆっくりとしていますが,思春期に加速度的に成長スピードを増し,S字形の成長曲線を示しています。

また,神経組織の成長は,早めに,6〜7歳に停止しています。

ここで、上顎は神経系の発育に属し、下顎は筋肉系の成長に属しますので、上顎骨と下顎骨のあいだに成長時期のズレがあるということです。

このことから下顎の発育が強いと診断された子供の場合は、矯正治療の開始を発育の終了する時期まで待つ場合があります。

これは、矯正歯科の治療が終了してから下顎の発育により、かみ合せがずれてしまうのを防止するためです。


矯正歯科のカウンセリングは無料です。
最新のインコグニート 歯の裏側からの矯正歯科ほか様々な治療方法や、費用・期間などを、疑問や不安にお答えしながらご案内させていただきます。

医院にて: お電話(03-5411-4450) または 予約システムをご利用ください
メールにて: 以下のフォームからお気軽にお問い合わせください

ご意見・お問い合わせなんでも結構です。
当院で矯正歯科の治療をしている方もご意見をいただけますようお願い申し上げます。
ご質問・ご相談
ご意見・ご要望 (現在当院で矯正治療中の患者様。無記名でもOKです)
通信欄
メール
TEL
お名前
ご住所
ご連絡方法 メール  電話


診療時間(木・日・祝日 休診)
10:00 〜 13:00××
14:30 〜 18:30××


Copyright © 歯列矯正専門 医療法人社団矯晶会 杉山矯正歯科医院 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-16-3 TEL 03-5411-4450